推し本まとめ2018年3月

2 min

2018年3月に紹介した本のまとめです。

画像下のリンクをクリックして頂くと紹介記事に飛びます。それではどうぞー!

 

 

★展開が気になってページをめくる手がとまらない!


幽霊人命救助隊
幽霊の4人が自殺志願者たちを救っていくお話です。自殺をテーマに扱いながらもユーモアに溢れた作品でした。4人の掛け合いが絶妙でオススメです♪

 

 


残像に口紅を
言葉が消えていく世界のお話。「あ」が消えると「愛」という言葉も「あなた」という言葉も消えていく。物語自体は淡々と進んでいくんですが、これは最初にあの言葉が消えているから?逆に淡々としていなかったらこりゃかなり恐ろしい世界だなあ。読みやすかったです。

 

 


雀蜂
何も知らないで読む一回目と、知った後に読む二回目では見方が変わりました。ラスト25ページのどんでん返しを楽しむというよりも、一回目と二回目の違いを楽しむことが出来ると面白いかも?貴志さんらしくない作品かもしれませんが個人的には好きな作品です(^^)

 

 

木洩れ日に泳ぐ魚
視点の切り替わりにより次々と発覚する新事実。まるで舞台を観ているような感覚で読めました。というか、舞台でやって欲しい!派手な動きはないけど、男女二人の会話のやりとりや心理描写がすごく面白いです。オススメです♪

 

★のののの知らない世界&参考になるなあな本


世界の図書館
美麗!眼福!目の保養!オーストリアやイタリア、ドイツ、オランダ、フランス、日本などの図書館が掲載されています。近所の図書館でも気がつけば1、2時間経ってたりするんですが、ここに掲載されてる図書館に通ったら更に長時間滞在してしまいそうです・・・・・・!

 

★通勤のお供にオススメな本


池袋ウエストゲートパーク
真島誠が池袋で起こるトラブルを解決する話。表と裏の境界線をギリギリ渡り歩いているヤバさといいますか、少し選択を間違えば自分も踏み込んでしまいかねない世界を垣間見れる感じが魅力的。一人称&短編なので読みやすく、オススメです♪

 

 


54字の物語
9マス×6行の原稿用紙につづられた54字の超短編小説。短いながらも最後にオチがついてて面白い♪自分で作ってみても良いかもしれませんね(^_^)インスタ小説が書籍化したそうですがインスタやってなかったから知らんかったぜ(A;´・ω・)

 

★泣ける・ほっこり・目の保養な本


しろいうさぎとくろいうさぎ
楽しい時にもふっとよぎる不安だったり、思いを伝えたくても伝えられない時のドキドキモヤモヤな気分だったり、考えさせられることも沢山詰まっているけれど、お話としてはシンプルなのでスーッと心に響いてきます。うさぎの表情がとっても可愛くて素敵です。

 

★人間関係や仕事や人生について学べる本


森へ行きましょう
留津とルツ。二人の女性の約半世紀の人生が交互に描かれるパラレルワールドのお話。一見小さな違いに思えることなのに二人の人生は次第に大きく変わっていきます。けれども微妙に重なり合う部分もあったりして非常に面白いお話です。

 

 

青春の逆説
色々な理由をつけて自尊心を保とうとするプライドの高い青年、毛利豹一。端から見たらヤバイ奴なんですが、内面が描かれているからか愛おしささえ感じさせてくれる人間に仕上がっております。親目線で子供の行動をハラハラしながら見守るような感覚で読める一冊です。

 

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
本が好きな人のための読書コミュニティ「彩ふ読書会」に参加しませんか?
本が好きな方ならどなたでも参加出来ます。

開催日程を見る