文学フリマ東京出店計画・第七回編集会議レポート

2 min

2021年11月23日に開催される『文学フリマ東京』出店に向けて、10/30に編集メンバーで編集会議を行いました!

今回はそのレポートを書いていきたいと思います(^^)

文学フリマって何?

キックオフミーティングのレポートでも載せてましたが、まずは文学フリマについて!文学フリマとは、全国で開催されている文学作品の展示即売会です(公式サイトより)詳しくはホームページをご覧ください。
https://bunfree.net/

出店予定のイベントはこちらです。
https://bunfree.net/event/tokyo33/

過去のレポート

初めて本を作り出店したのは2020年11月22日の文学フリマ東京でした。そのあと文学フリマ京都出店に向けて『別冊彩宴』を作りましたが、こちらはコロナウイルスの影響でイベント自体が中止となってしまいました。
ですので、出店は今回が二回目、本を作るのは三作目となります!これまでの経緯等については過去のレポートで公開していますので、良ければ下記リンクから辿ってみてください。今年の分のレポートもこちらに随時貼っていきます。

第七回編集会議

七回目の編集会議でした。前回とは違って接続トラブルもなく(私は若干遅れて入りましたが)、ほぼ滞りなく会議は進みました!編集長ひじきさんもレポートを書いてくださってますので貼っておきます。

◆ひじきさんのブログ 第250回「『彩宴』VOL.2入稿ス」
http://syodokei-hijikimix.blog.jp/archives/cat_190709.html

この日の会議中に入稿をすることをお伝えしていました。当日編集長から集約していただいたデータの共有があり、会議が始まるまでに各自で最終確認をすることに。詳しくは↑のレポートを読んで頂きたいのですが、強い一体感を感じました!このドタバタ感は非常に好みです(笑)

さて、会議が始まってからは前回に引き続きポスター案の確認を行いました。前回も素敵でしたが更に素敵なものが出来上がっておる!!当日はブースの前を通ってくださった方々にお渡ししたいなと思っていますので、ぜひ受け取って頂けますと嬉しいです(^^)

そしていよいよ印刷所へのデータ入稿!!画面共有をして、手続きをしていきました。個人情報を入力する画面がうっかり出てきそうなので次の画面に行くときには画面共有を見えなくしたりしながら入力をしていきました。創刊号で利用させて頂いた印刷所さんとの違いに戸惑いを感じつつも、「ここはこれ……ですよね?」と確認しながら埋めていきました。私一人じゃ分からない項目がたくさんでしたが、何とか埋まって手続き完了!!後日入金も行い、印刷所から入稿入金の確認メールも届きました。確認作業中に不明な点がなければ、あとは発送連絡だけ!!楽しみ!!

ほっとするのもつかの間、あとは当日に向けて広報活動と、当日のブース運営をどうするか、あと私自身は新刊が届いたら、創刊号や別冊彩宴も一緒に段ボールに詰めて会場に宅配搬入しておくという重要任務があるのであります!!宅配忘れたらしゃれにならん……もし忘れたら当日どうするのよ……私自身に値札でもつけるしかないですわ……そうならないように気を付けたいと思います!!

さて、そんなところで今回のレポートは終了です。

次回の会議は11/7!明日!当日ブースのお手伝いをしてくださる方で集まって確認を行います。またそのあとにレポートを書きたいなと思っています!またどうぞお付き合いくださいませ!