怒濤すぎません?

2 min

記事を書くと最下部に『関連』という項目が出てくる。そこには過去に書いた記事が三つ出てくるのだけれど、未だにどんな基準で関連記事が選ばれているのか分からないまま放置している。

もっと上手く使いこなせていれば、この記事を読んでもらった人にはこの記事も!と出来るのだろう。そこまでやりたいけれど、最早記事数が多くなりすぎてめんどくさげふんげふん!対処しきれていないのが現状だ。

さて、以前書いたライブ『椎名林檎 (生)林檎博’18 ―不惑の余裕―』と映画『何者』では、三つの関連記事の中でこんな記事が出てきた。

▶2019年、あけましておめでとうございます

今年の初めに書いた記事だ。そういえば年末年始に書いたっけな~と懐かしみながら読んでみる。

・・・・・・目標忘れてた!

忘れてたけど半分くらいは達成している。半分くらいは全く手つかずだ。いかんいかん。もう既に忘れているって事自体が問題だ。せっかく目標設定した意味がないぜ。

しかし一番驚いたのは、サークル活動の実施状況についてだ。

記事の中では2019年の目標に加え、2018に立てた目標の振り返りも行っていた。その中にある【2018年の目標・読書会編】のサークル活動についての結果を見た時、私はおや?と思ったのだ。

2018年はサークル活動ほとんど実施してなかったんだっけ!?

そういえば神社仏閣部が企画して下さった初詣も2019年初めだったし、ヅカ部伝説企画のヅカツドウDVD鑑賞会も今年だった。ついでに言えば特撮部のウルトラマンジード上映会も、またまたヅカ部のヅ観劇も、ジョジョバーもスイーツ会も、更についでに言えば東京でのあの事件も、その全てがこの半年の内に起きていた事だったのだ!!

怒濤の半年やないかーい!..・ヾ(。 ̄□ ̄)ツ ギャァ!!

最早年末の忘年会が懐かしいレベルである。

「明日は今日とは違う自分になる」という目標も、こうして考えてみると達成出来ておるではないか、うむ(自分に甘い←)

まあ、そんなこんなで怒濤な展開を巻き起こしておりますが、初参加の方も常に大歓迎であります。こうした記事を書いてしまうと「身内ノリが強いのかしら・・・」と若干引かれてしまうのではないかと懸念してはおりますが、大丈夫です。多分最初は右も左も分からないことばかりかもしれませんが、「わけわからんことを楽しむ」という姿勢さえあれば、たとえ当日本を忘れて来たとしても、何とかなります。面白きことは良きことなりいいいい!!

以上、またとりとめのない記事を書いてしまいました。

それでは、また!

PAGE TOP