ひとりがたり①

5 min

今日中に仕上げないといけない仕事があって、終わるのは0時くらいだろうなーと思っていたら、思っていたよりだいぶ早く終わった。最悪夜中かなとも思っていたので、嬉しい限り。時間が空いたら何かしないと、と思う。色々とやりたいこともあるので作業を進めようかなーそれとも本読もうかなーなんて思いながら、結局はこのコラムを書いている。いやはや、これが一番頭を使わなくて良い作業だからだったりする。頭を使いすぎたので、今日はもう時間があるからといって頭を使うような作業はしたくないのだ。ああ、もう改行も面倒くさい。面倒くさいのに文章は打ちたい。そんなときなわたし。

ここ数週間はこの仕事(あ、改行しましたね!)を終わらせなければならぬ、と締め切りはまだまだ先なのに気ばかりが焦っていた。まあ、だいたいタスクが増えていくとそんなモードになるもーんで、そういえばおやじギャグっつーのは脳が疲れていると出やすいんだったかしら?今まさに親父ギャグを言いたい。言いたくて早く言いたくて親父ギャグを言いたい。しかし出てこない。まあいいか!

仕事Aについては、いざ作業を始めるてみたら二日で終わってしまった。やってみたら案外そんなもんなんだけども、締め切りまではぐーたらこーたらしているので手をつけようとしない。つけないのに「やらなきゃなー」と頭の中ばかりがそのことばかりに支配されてしまう。現実逃避に何かをしてみても、どこかで仕事Aのことを考えてしまう。終わらない仕事はーないーまた次の仕事が来るだけー。なんてCMがあったような気がするけれども、とにもかくにも今この瞬間だけはコラムを書くという楽しい作業で全てを忘れてしまおうとしている。しかしもう眠い。しばらく睡眠不足がちだったので、今日は少し早めに寝てしまおうかしら。しかし、前回書いた記事のように同人誌を一冊作りたいので、やはりそちらも作業を進めたいなー。サイト作りもしたいしなあ。

最近、仕事はかなり忙しくなっている。プライベートな方も割と忙しい。肝心の読書会が出来ていないから、必然的にこれまで読書会に費やしていた時間が仕事やプライベートに割り当てられていってしまっている。私はこの状況はやはり非常にまずいなと思っている。

2月25日22:15現在

今ちょうどこのホームページを訪れた人はお気づきだろう。私はまだ書き終わっていないコラムを今まさに公開した。後悔はしていない。おやじギャグも言えたので後悔などするわけがない。何がしたいってわけでもないんだけれども、ただただ頭の中に浮かんだ言葉を打ち込んでみようという試みである。そして打ち込んだらその都度、更新する。ただそれだけ。疲れるまでリアルタイムに更新しようと思うので、今まさに閲覧されている方は引き続きご覧頂けましたら幸いでございまする。

2月25日22:17現在

さて、オチをつけて終われるのか、終われないのか、それすらも分からないまま見切り発車で書き始めたが、一つだけ出来ることはある。寝落ちである。そう、寝オチ。いや、しかしやはり夢オチは「なんだよ!」って思ってしまったりするので、やはり始めたからには寝落ちせずにしっかりと「おやすみなさい」と言いたいところだ。

2月25日22:19現在

寝た……と思ったであろう!いや、寝ていない。全くもって起きている。多分23時くらいまではだらだらと書いているだろう。23時以降は保証は出来ない。既に寝ようと思っているからだ。

最近、骨伝導イヤホンというものにはまっている。妻のものを借りているのだが、これがまあラクチン!音もクリアに聞こえるし、耳には直接つけないので外部の音も聞こえる。作業もはかどる。最近はCANACANAさんのピアノを聴きながら作業をしている。テキトーに自動再生で作業用BGM流していたらめちゃくちゃ好みの曲が流れてきて、これなんだ!?って確認したら東京事変の永遠の不在証明だった。そんな風に不意打ちに好きな曲と出会うのって良いよね!私が読書会ジャンキーになっていたのは、そういった思わぬ出会いが沢山あったからなのだろうなーと思う。日常の延長戦上にはない何かと出会えるのは、やはり面白いのだ。

2月25日22:29現在

それにしても妻のイヤホンを借りすぎた。そろそろ自分用に買おうと思っている。

割と30分くらいでここまで書けたけど、文字数的にはどうなのかしらん。ワードプレスに直接打ち込んでいるので文字数は出ない。別冊彩宴の推し本紹介文を書いたときには文字数が出てくるメモ帳アプリを使ったけど、あれはスマホだった。PCにはない。あえて一度ワードにコピペしても良いけど、そんな作業をするほどのことでもない。まあ、終わったあとでカウントすれば良いだろう。

最近とあることで悩まされている。詳しくは書かない。というのも、これってけっこうネタになるなと思ったからだ。エッセイのような感じで書くよりも小説として書いてみたい。しかし、悩んでいる最中なので結構大変だったりする。早く解決することを祈るばかりだ。

この時期は毎度お馴染み気分が落ち込みやすい時期だ。今年はまだそうでもないけれど、大体過去の記事をぱらぱらっと見てみても、3月に入ったあたりから大体落ち込んでいる。今年もまた来たか~って感じだけども、分かっているのと分かっていないのとでは結構気持ちの持ちようは違っていたりする。分かっていなかった頃は本当しんどかったが、分かっている今は何らかの対策を立てれるのだ。そう、先々の楽しみをあらかじめ作っておくこと。これが今のところ私にとっては有効な策である。

つい先日、『進撃の巨人を語る会』を行った。1~33巻全て読了済の方限定で、連載分136話以降のネタバレNGという形での実施であった。語る会は、私の中では推し本披露会や課題本読書会とはまた違った位置づけにしている。まあ、違うってだけで具体的な位置づけどうこうの話は省略する。今書きたいのはそういう話じゃないからなのだだだだ。とりあえず初めて実施した語る会はジョジョ第五部である。そのあと進撃の巨人でもやりたいという話が実は一年前に上がっていて日程も決まっていたのだが、コロナの影響で中止になってしまっていた。それから一年ごし。オンラインでのリベンジ開催となった。リベンジなのかな?まあ、いっか!とにもかくにも、ファイナルシーズンの第一話を観て私は衝撃を受けた。え、こんな話になってるの!?と。そして進撃の巨人がお好きな方が以前言われていた「ここからが面白い」という言葉が嘘偽りのない真実だったのだと、その瞬間にハッとなったのである(もちろん嘘だと思っていたわけではないヨ!)

2月25日22:50現在

ネタバレも入ってしまうのでレポートにはしないし詳細も書かないが、第一回語る会は非常に楽しい会となった。語る会自体の進行方法がまだふわっとしているので、ほとんど参加メンバーの力量任せっていう丸投げ状態の私だったが、さすが33巻まで読了されていることもあって、ログを見てみると色んな話題が出ていた。今回は33巻読了している状態で1~4巻を中心に語り合う会だったが、次回は5~8巻を中心とする。ざっくり女型の巨人編というわけだ。非常に楽しみだ。話を戻すが、これを先々の楽しみの一つとして、今わたしは生きてる。生きている、って最後につけると何だか壮大な感じもするね!

2月25日22:56現在

おやおや、だらだらと書いていたらいつのまにか一時間近くが経ってしまっている。一人語りを文章でやっているようなもんだが、こういったチャット配信とかも面白いかもなーあるんかなーなんて今ちょっと思った。書いている側は非常に楽しい。ついでにリアルタイムにコメントなんかがあるとそれもまた面白いかもしれないなーなんて思ったり。Twitterでやれば良いのかな?そういえばclubhouseが流行っているがAndroid勢の私にとっては無縁な話なのであった。すごく興味はあるが残念である。いやはや残念だ。あー残念だ。

2月25日22:58現在

仕事の話に戻そう。

2月25日23:00現在

と思ったけど、寝る前に仕事のことを考えるのはよそう。また明日も仕事はやってくるのだから。

2月25日23:07現在

記事タイトルを「ひとりがたり①」に変更してみた。結構やってみたら面白かったので、これからもゲリラ的にやっていこうかなと。シリーズ化決定!ぱちぱちぱち!

あ、なんか書こうと思っていたのに忘れた……。

同じことの繰り返し、なんて思ったりもするけれど、そんなことはないなあと最近実感する日々である。詳しくはまあまた今度!既に眠い。

シリーズ化決定!とはいったけれども、似たようなことはこれまでにもやってはきている気がする。だらだらと頭の中に浮かんだ言葉を打ち込んでいく作業だ。というかほとんどだ。違うのは、それをリアルタイムで公開していくかどうか、かな?まあ、公開した時点でもう修正しようという気もなくなるので、楽っちゃ楽である。が!これあとで読み返して恥ずかしい思いをする可能性も大である!

2月25日23:12現在

だめだ……もはや散文的になっている。まあ、最初からそうといわれればそうだけれども、もうぽつぽつとしか頭に浮かんでこない。「眠い」という言葉がだんだんと大きくなっていって、パーセンテージを埋めていってる感じ。肩痛いし。しかし大体こういうことをすると「〇時間を無駄にした……やることあったのに」なんてあとで落ち込んだりもするけれど、こうなんか晴れやかな気持ちになっているのでこれはもう良しとしよう。

2月25日23:14現在

寝ます!

おやすみなさい!

2月25日23:15現在

と言うとでも思ったかあ!

先々の楽しみといえば、今週末は彩宴の打ち上げがある。「文学フリマ東京&京都出店計画」については一区切りついたらまとめようと思っているけれども、打ち上げが終わった後はなんと『彩宴』を課題本にして読書会をしようと思っている。彩読LINEコミュニティの中だけでやってしまっているので初参加の方にも参加していただけるようなものがまだ出来ていないのが申し訳ないのだけれども。改めて考えてみるとこういった状況でも彩読LINEコミュニティのおかげで色々と出来ていてありがたいなあとやっぱり思う。

彩宴課題本読書会は3月に予定していて、それが終わったら昨年6月からスタートした「文学フリマ東京&京都出店計画」については一区切りとなる。最終的に何冊ほどご購入いただけたのかなんてことも、その時にお知らせしようと思う。あ、まだお知らせ入れてなかったけれども、BOOTHでの販売も3月末で一旦は終了する予定だ。もちろん、また次の文学フリマに向けて私たちは始動するし、そのときにはBOOTHでの通販も再開する予定だけれども、とにもかくにも一旦一つの形として終わらせようと思っている。

4月になったらまた忙しくなる。けれどこの仕事Aが終わったおかげで、まあもちろん細々と仕事は残っているけれど今年度の大きな仕事は終わったようなもんである。3月いっぱいは読書会のことに時間を費やせそうだ。色々と手付かずになっていることに手をつけていこう。そんなことを思いながら。

2月25日23:22現在

さすがに寝ようと思います!

おやすみなさい!