ニッポンのおみくじ 日本全国232種のおみくじを引く

1 min

最近、アメブロの占いを見て一日の行動が決まっている、のののです。どうもこんにちは(笑)

スマホでアメブロを開くと上に出てくるから、どうしても見ちゃうんですよねー。

「今日は誰にも理解してもらえない日」とか出ると「あっ・・・そうなんだ」と妙にそんな気分になってきます(^_^;)「心の余裕がなくなりそう」と出れば何となく余裕がなくなってきちゃいますし、「突飛な行動で人を困らせそうな日」と出れば「平常運転だ」と思います←

占いに近いことが本当に起こったら「アメブロの占い・・・侮れん!」と思ってしまいます(笑)

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

めちゃくちゃ信じているわけではないんですが、何となくそっちの方へそっちの方へと自分を寄せていっているような気がしています。いや、でもただ単に経験がないだけなのかもしれない。もし仮に路上で「あなた・・・どこどこに住んでてどこで働いててこんな事が過去にありましたね」なんて、いかにもな人に声かけられてバッチシ的中されてしまったら完全に高価な壺を買ってしまう人種です、ええ。

さて、新年一発目の推し本紹介!!

初詣に行かれる方が多いと思うのですが、行ったらおみくじ引きますよね。というわけで、おみくじの本を紹介します。

 

ニッポンのおみくじ 日本全国232種のおみくじを引く
鏑木麻矢
グラフィック社

「こんなに種類あるんだ!」と驚きました。

神社とお寺の違いやルーツなどのことも書かれていますし、日本各地のおみくじがたくさん紹介されています。

おみくじは初詣で一年の運勢を占うものって思い込んでたところがあったんですが、いつ引いても良いもんなんですね~。これから神社やお寺に行ったら、とりあえずおみくじを引いてしまいそうです。

写真が多くて読みやすかったので、オススメです。

神奈川県の常泉寺のかっぱさんが可愛かったです。

 

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
本が好きな人のための読書コミュニティ「彩ふ読書会」に参加しませんか?
本が好きならどなたでも参加出来ます。月に一度大阪で読書会を開催中。
開催日程を見る