書き方の話

2 min

実はここ最近、毎日記事を書いている。

Idea boxかBookReviewのどちらかは更新しているので、お時間のある方は是非読んで頂けたら幸いだ。

何故そんなに急に毎日更新しだしたかというと、書くスピードが格段に上がったからだ。

おそらく『あの記事』を書いたことで自分の中でたがが外れたのだろう。最早何でも書いてやろうという気になっている。ちくわさんのブログにもあったが、66日続けると習慣化するらしい。このままいけるところまでいってみようかなと思っている。

▼ちくわさんの記事
毎日ブログを書くということ⑥「66日続けてみた結果」

時間の使い方にも気を付けていきたいところだ。

 

 

そんなわけで、今日は書き方の話をしていこう。

以前Twitterのフォロワーさんがどう記事を書いてるかと皆に投げかけて下さっていて「面白い!」と思ってリプした。その時にリプした内容を更に書いてみようかと思ったのだ。

私の場合、出勤前後が一番ノッている。歩きスマホは危険なのだが、何か思い付くとメモしたくなるので、ついやってしまう事もある。あとは電車の中や仕事中……思い付いたことはスマホのメモ帳にメモしている。

そうしてメモした単語やフレーズをパソコンに移す。そして肉付けしてからホームページにアップしている。

私の場合はこんな感じで記事が出来上がる。

何をそんなにメモしているの?って話だが、これは本当に様々なことをメモしている。

歩いていて気になるものを見つけたら写真を撮るより前にまずメモしているし、頭の中にふわっと浮かんできたものがあればそれらを文字にしてみる。自分が書いた記事を読み返して続きを書きたくなったり、補足したいことが出てきたら改めて書き直してみる。その際は前回のコピペとはならないよう、少しアレンジを加える。

私の性別も関係してくるのかもしれないけれど、私は感情が表に出にくい。というより、ボケーッとしている時は本当にボケーッとしていて何も考えずにいる事が多い。仕事中はほとんどボケーッとしているので、ほとんど話を聞いていない。そんな人間なので、なるべく意識的にアンテナをはるようにしている。意識的にアンテナをはっていると、自分がどう感じたか、何を思ったかが明確になってきて記事の下地が出来上がる。

書いててなんだけどメモの魔力が気になってきた。私はメモ魔なので結構ヒットする気がしている。読書会でも紹介して頂いてたし、読んでみようかしら。

ま、そんな感じで。

参考になれば幸いです!

PAGE TOP