檸檬/梶井基次郎

1 min


檸檬
梶井基次郎

読書会で紹介して頂いた本。

大体二回紹介されると、そろそろ読もうかな!という意識が増していきます。

▼内容(「BOOK」データベースより)
肺を病み、憂鬱に心を潰されそうになりながら京都 の街を彷徨っていた私は、果物屋で目に留まったレモンを買う。その冷たさと香りに幸福感を感じて ——。

今回はAudibleにて読了しました。

 

Audibleについては以前記事にしてますので、こちらをご確認下さい。

▼本の朗読アプリ:Audibleとaudiobook.jpがアツイ!
https://iro-doku.com/archives/3330

 

 

描写スゲーってなりました。

 

なかなか私の語彙力ではこの作品の良さを語るのは難しく、もはや諦めの境地ではありますが、読めて良かったです。

 

Audibleで歩きながら聴いたからか、情景を頭の中で浮かべるうちに錯覚が起こり景色が二重映しになりかけました!

 

短いですし、是非読んでみて下さい(^^)

 

今回は耳で聴いたから今度は文字でも追ってみたいなーと思う今日この頃です♪