《Review》約束のネバーランド/出水ぽすか 原作白井カイウ

1 min

憂国のモリアーティ同様、イラストに惹かれて読み始めたマンガです。ほのぼの系と思っていたら、内容はなかなか「おおぅ!」と唸らせてくれます。

主人公・エマは孤児院グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らしていましたが、ある日秘密を知ってしまいます。

自分達がココにいる意味。あのシスター・イザベラの優しさの真実。これまで行われてきた特殊な勉強の意味。里親に出されてきた子供たちのこと等を理解してしまいます。

エマ達はここから脱獄しようと決意しますが、イザベラにバレたらどうなるか分かりません。

あくまでも秘密は知らないことにしておいて、今まで通りの生活を送りつつ、仲間達とともに脱獄計画を進めていきます。

このハラハラ感がたまらないんです!おー!うおー!そうきたかー!とハラハラします。

エマ達は無事に脱獄出来るのか!?先が気になって気になって一気に読んでしまいました。

GFハウス脱獄編は第5巻で完結してますので、読み始めるなら今ですよ!

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
周りに本について語れる仲間がいない方、もっと読書の幅を広げたい方等のために彩ふ読書会を開催しております。日程は下記ページよりご確認下さい。
開催日程を見る

PAGE TOP