初めて読書会に参加した日のこと

2 min

「読書会」なるものを知ったのがいつ頃だったかは覚えてないんですが、実際に参加するまでには結構長い期間かかったのはよく覚えています。

 

予約寸前まで行くんですが、あとワンクリックが出来ずにブラウザバッグ!そして開催レポートを何回も見直すという。くっ・・・・・・!俺の人差し指の臆病者め!!

 

というのを何十回もやりました(^_^;)

 

ネット上のサークル的な集まりに参加してみるのって、すごく緊張すると思うんです。初めてなら尚更だと思います。

 

参加してみたい!けど、何か怖い!不安!でも興味ある!ブラウザバック!くっ・・・・・・!俺の人差し指の臆びょ(もういいか!)

 

実際に参加してみたら・・・・・・めちゃくちゃ面白かった!!参加して良かったなーと思います。ものすごく緊張はしましたが、参加者の方々から受け入れられ、楽しみながら本について語らさせて頂きました。この一番最初に参加した読書会が、やはり自分にとっての「読書会」のイメージになっている気がします。

 

ありがたいことに、彩ふ読書会が読書会初体験!という方は結構いらっしゃいます。勇気を出して一歩踏み出された方々が「面白かった!」「参加して良かった!」と思えるような読書会を作っていけたらなーと思います。初体験を担わせて頂ける喜びを噛みしめつつ、その方にとっての読書会のイメージが楽しいものとなるように、今後も続けていきたいなーと。「他の読書会はどんな感じなのかな?」と色んな読書会さんにも興味を抱いて頂けることは、初体験を担った身からすると感激モノでございます(ちょっと何が言いたいか分からなくなってきてますね)

 

彩ふ読書会では「家庭でもない、職場でもない、第三の居場所作り」を目的としておりますので、一回きりで終わってしまうのではなく、続けてお付き合い頂けたら幸いです。2回、3回と参加してみると、前回お会いした方と再会したり、前回よりも緊張もほぐれて話せるようになっていたり、少しずつ居心地の良い場所になっていくのではないかと考えてます。

 

毎月参加ではなくても全然問題ありませんので、参加出来る時にまた参加して頂けたら嬉しいです。(募集終了が早すぎて予約出来ないって事態は・・・・・・また考えます!!)

 

特にオチもありませんが、今日はこれにて!

 

 

 

PAGE TOP