お食事中の方はお控えなすって

2 min

そこのあなた。

 

お食事中のスマホ・PCは危険ですよ。

 

お食事中はお食事に集中しましょう。

 

何が起きるか分かりませんからね。

 

画面に集中しすぎて食べ物を落としてしまうかもしれませんし、いきなり電話がかかってきてビビるかもしれません。

 

あるいは、

 

 

 

 

 

 

うんこがへんないきもの
早川いくを
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

 

 

こんな本を紹介する人だっていますからね!

 

 

え、ワタクシ慎ましやかな日本人ですから、お下品な話なんて・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

うんこ、うんこ、うんこ!

 

 

 

 

 

 

うんこ。

 

 

 

 

今回の推し本はこれです。

 

この本ではタイトルの通り、うんこがへんないきものを紹介しています。

 

ナマケモノのまごころうんこ。

 

ネーミングセンスが素敵すぎました(笑)

 

いやー、面白かったです。

 

言われてみればゾウのうんこってどんなんなんだろう?コウモリは?クジラは?・・・・・・といった、全く思いつきもしていなかった疑問を生みだしてくれて、しかもちゃんと解消してくれる良本です。自ら需要を生み出し供給する素晴らしい本でございます。

 

うんこというと、「お下品」「汚い」「臭い」というイメージがつきものですが、この本ではお下品さと汚さは全くもって存在しております。何だかイメージを膨らませていけば臭いもやってきそうな感じです。

 

だがしかし!

 

食べたら出る!

 

生きている限り、それはごくごく当たり前のことなのです。

 

基本的にはいきもののうんこの話なんですが、人類の公衆便所の起源に触れたり、第一次世界大戦や太平洋戦争をうんこ事情から捉えたエピソード、著者の小学校の時代のうんこエピソードなど、これでもか!というくらいうんこをテーマに語る本。いきもののうんこの話も面白かったんですが、このウンコラムが非常にそそられました。

 

 

1年分くらい、うんこって書いた気がしますので、もう言うのやめます。

 

 

それでは、うん、このくらいで!では!!

 

 

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
本が好きな人のための読書コミュニティ「彩ふ読書会」に参加しませんか?
本が好きならどなたでも参加出来ます。月に一度大阪で読書会を開催中。
開催日程を見る