【京都】5/26サークル活動レポート “ヒミツキチ@サクラカフェ”

2 min

5/26(日)、京都市左京区にあるSAKURA CAFEで読書会終了後に「ヒミツキチ@サクラカフェ(仮)」を行いました。

彩ふ読書会では読書会以外にも「サークル活動」と称して様々な活動を行っています。詳しくは下記のページをご覧下さい。

 

▶彩読LINEコミュニティについて

 

そのサークル活動として、今回は京都読書会終了後に同会場にて「ヒミツキチ@サクラカフェ」を行いました。まだ二回目なので名称は決まってませんが、今回どなたかが発したワードが強烈なインパクトを残しました。

 

「大人の学童保育ですね」

 

どうぶつしょうぎで課題本読書会以上(?)の真剣さを見せる男二人。アルゴやセレスティアで盛り上がる面々。今後のサークル活動名は「大人の学童保育@SAKURA CAFE」でも良いんじゃないでしょうか(錯乱中)

 

さて、今回はアルゴ、どうぶつしょうぎ、セレスティアの三つを楽しみました。

 

 

どうぶつしょうぎはプレイできませんでしたが、これも面白そうでした!

 

アルゴは各々二枚のカードを伏せているところから始まり、数字を当てていくゲームです。場にカードが増えていくにつれ、相手がどの数字を伏せているのか推理がしやすくなってきます。白熱しました!

 

そしてセレスティア!今回私はこれを最後までプレイしていました。

6人で飛行船に乗り、いくつかある都市を進んでいきます。障害を乗り越えることが出来れば先の都市へ進み、乗り越えられなければ飛行船は墜落します。6人が順番に船長を務めます。船長が障害を乗り越えることが出来るかどうか、他のメンバーは船長の表情などを読み取って「船に残るか、降りるか」を決めます。最終的に特定のポイントをゲットした人の勝利です。ワイルドカードなどルールは色々とありましたが、やりながら覚えていきました。

いわゆるチキンレースということで、どこまで先へ進めるかが重要なポイントです。

 

ワタクシ、墜落しまくりでした!!

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「墜落です・・・!!」

 

この流れを何度やったことか!手札に偏りがあり、ほぼほぼ対処できませんでした!!

 

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「残ります」

「・・・・・・墜落です!!」

 

私を信じて船に残って下さるメンバーをことごとく巻き添えにするっていう。

しかし、それがだんだんとやみつきになってしまいました。

むしろ手札よ、偏れ!と願っておりました←

 

そんなこんなで墜落しまくっていたら時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ありがとうございました♪

 

同時進行で次回ヒミツキチに向けて映像が写るかどうか確認もして頂いてました。ありがとうございます!次回も楽しみです!

PAGE TOP