【大阪】12/29サークル活動レポート“JOJO原画展鑑賞”“お酒で彩ふ忘年会in大阪” 2019年2月~課題本決定!

 

12月29日、大阪でサークル活動を開催しました。

 

★サークル活動とは?
読書会以外の集まりです。
読書会にご参加頂いた方同士が交流を深める機会として様々な企画を計画しております。
※読書会にご参加頂いた方同士の交流が目的ですので、サークル活動には参加条件を設けさせて頂いております。参加条件は「当読書会に過去一回以上ご参加頂いた方、もしくは次月の読書会に参加予定の方」です。

 

今回は豪華(?)二本立てでお送り致します!

 

▼JOJO原画展鑑賞

彩読LINEコミュニティ内では様々なブカツに分かれてサークル活動を行っております。今回はワタクシが部長を務める「JOJO部~その血の運命~」初の企画。原画展鑑賞でした。

▼荒木飛呂彦原画展
http://jojoex-2018.com/

お集まり頂いたのは私を含め5名。女性3名、男性2名でした。お集まり頂き、ありがとうございました!!ジョジョの奇妙な冒険が大好き!という方や、ジョジョ読んだ事はないけど原画展に興味がある方、この日のためにジョジョを読まれた方と共に、いざ!大阪港で開催されている原画展へ!

会場に入ると人の多さに圧倒されました!行列がすごい!徐々に列が進み、荒木先生のボイス付き音声案内があるという事で購入。音声案内を聴きながら原画展を見てまわります。撮影禁止だったので中の様子は撮っておりませんが、とにかく面白かったです!!荒木先生のルーツを知れた原画展。なかなかファンの方以外が足を運ぶキッカケはないかもしれませんが、何となく気になってる~くらいでも是非行ってみることをオススメします(^^)

レポ書くことが分かっていたのにメモを取り忘れていたので、これ!ってのが書けないのですが、展示されているものがとにかく素晴らしく、あれもこれもと眺めているうちに約一時間半があっという間でした。コーナーを回り終えたらグッズ販売がありまして、いや、これは上手い流れだなーと思いつつ色々と買いました!収穫収穫♪

原画展鑑賞後は文化館すぐのカフェで5人でお茶をし、その後は忘年会へ行くべく梅田へ・・・・・・。

 

 

▼忘年会&課題本決定会

お集まり頂いたのは私を含め20名。女性13名、男性7名でした。お集まり頂き、ありがとうございました!!

場所は梅田茶屋町のにあるKICHIRI 茶屋町阪急駅前店。

JOJO原画展で買ったおみやげを早速お渡しできて満足満足♪

2019年2月以降の課題本も決定しました!

また後ほど発表にはなりますが・・・一つだけ!

 

 

高野和明さんの「幽霊人命救助隊」

 

を、2月以降の課題本とます!!

 

各テーブルから候補作を出して頂いたのですが、こちらの作品は二テーブルから候補として上がり、投票数もトップでした♪

 

他にもいくつか発表させて頂きますので、宜しくお願いします(^^)

 

一旦解散後、二次会へ!!

終電までまったりと楽しい時間でした(^^)

二次会でも色々とお話させて頂き、ありがとうございました♪

 

 

帰りの電車で。

 

 

二次会で何名かの方に聞いていただいたことを思い出しました。

 

 

「来年の彩ふ読書会の目標は?」

 

 

車両の中から窓の外を眺め、少し感傷的になりながら「来年か・・・・・・」と一人思いにふける。次なる展開が全く白紙状態なことに今更気づきました。一年後に出来そうなこと、三年後には出来そうなこと等々、ぼんやりと考えていることはあるものの、今これから、さて、どうしよう?そんな思考を巡らせてはみるものの、酒が回って何も思いつかない。とりあえず締めのスイーツ食いたい。0時を過ぎてはいるし、JOJOのあとのお茶会でもパンケーキを食べてもいたけども、スイーツで締めなくては一日が終わらないのである。ああ、でも普通電車って何でこんなにも遅いのだろう。早く、早く甘いものが食べたい・・・・・・!そんな禁断症状が現れ始めたワタクシに追い討ちをかけるように、隣でうずくまって座っていた人が突如リバース!!

ようこそ・・・・・・「男の世界へ」・・・・・・。

ギュウギュウだったはずの車内が一瞬にして割れる。その有様はまるでモーセの十戒。あ、こんな光景だったのかしらと一人感慨にふけるワタクシ。やがて各駅停車の電車は止まる。突如かの名シーンを形態模写した彼は何事もなかったかのように颯爽と車内を出ていく・・・・・・。

そこからが問題だ。

ほんの6秒、それ以上長くもなく短くもなく、キッカリ「6秒」だけ「時」を戻すことが出来たのであれば、私もモーセの十戒の一部に加わり、その場を避けることが出来た。でも、もうその機会は逸してしまっている。

取り残されたリバースと、隣に座っていたままのワタクシ。

リバースに集まる視線。皆が避けている中、それでも席を立とうとしない男。リンゴォロードアゲインを形態模写したこの事件の主犯は既に逃走している。そうなると次なる視線が集まる場所は・・・・・・ワタクシであろう。「え、なんで隣に座っていられるの?」とヒソヒソ話をされていそうな気配と被害妄想を拡大させつつ、それでも狸寝入りを続ける。そう、実は目を閉じたままイヤホンをしていたので、この事件が起こる寸前、いや、起こった直後もちょっと気づいていなかったのである。ほんの6秒、それ以上長くもなく短くもなく、キッカリ「6秒」だけ「時」を戻すことが出来たのであれば、私はカッと目を見開き、イヤホンを外していた事だろう。ほんのそれだけで、この事件に巻き込まれることはなかったはずだ。

時間が経つとともに、「(今更立ち上がるのも変だしな・・・・・・)」という感情が沸き起こる。なぜ、今なのか?そんな声が聞こえてきそうな気がしたからだ。立ち上がるならば、やはり事件直後が最適なタイミングだっただろう。降りる駅に着いたわけでもないのに今このタイミングで立ち上がるのはどうしたって不自然だ。しかしながら、足元のリバース物は車内の揺れと共に範囲を徐々に広げている。狸寝入りのまま、たまに薄目をあけて、足元を確認。踏まないように気をつけながらかかとをあげる。やがて駅員さんが気づき、駅に停まったと同時に謎のパウダーを振りかけた。あ、そういう風に処理するんだーなんて事を初めて知った時、私は閃いた。

 

そうだ。

 

問題は、今、なのだ。

 

一年後や三年後なんてどうだっていい。

 

今、何をするのか。しないのか。

 

まずはこの年末年始にゆっくり休むこと。これが今、やること。仕事しながら走り続けっぱなしだったので、立ち止まってゆっくり思考をめぐらす時間が出来たことに感謝して♪まずはゆっくり休む!来年の目標はゆっくり考えよう。

 

というわけで、こちらからは以上です!!

 

ありがとうございました(^^)

 

 

追記。

2018年4月からサポーターをしてくださっていた方のお一人が12月末に卒業ということで、一次会終了後にちょっとしたサプライズをさせて頂きました!レポートを書いて下さってますので、もし良かったら遊びに行ってみてください~(^^)

■momomotokazuさん
https://ameblo.jp/momomotokazu/entry-12429373286.html