いつもの朝に/今邑彩

1 min

いつもの朝に
今邑彩
集英社

読書会で紹介して頂いた本。

▼内容(「BOOK」データベースより)
成績優秀でスポーツマン、中学でミラクルボーイと呼ばれる桐人。そんな兄とは正反対で勉強が苦手の弟・優太。三年前に最愛の父を事故で失い、画家の母・沙羅と三人暮らし。ある日、優太は、父の形見のぬいぐるみ“ユータン”の中から、手紙を見つける。そこには、父から優太への謎のメッセージが書かれていた。優太は、父の言葉に従い行動を起こすが…。家族の愛と絆をミステリアスに描く感動巨編。

ぬいぐるみの中から手紙を見つけてしまったがために起こってしまう物語。

ワタクシ結構兄弟モノに弱くてですね・・・・・・。未だに覚えているのは、町内会か何かで映画上映していた野球好きな兄弟の話。白血病の弟が亡くなる寸前、兄とキャッチボールをするんですが、兄弟の絆とか、すごく弱いです。実際に弟もおりますからね、何となく感情移入しちゃうんですよねえ・・・・・・。

「いつもの朝に」は表紙のインパクトもすごくて不気味な作品なのかな~と思っておりました。実際、不気味さは上下巻のそこかしこに漂っていて、何かが起こりそうな予感をプンプン感じさせてくれます。けれど、それより何より兄弟のやりとり、弟と母のやりとりが素敵。めっーっちゃほっこりしました!

上下巻とボリュームはあるのですが、続きが気になって一気読み出来ます。オススメです♪