《東京》2023年12月10日(日) 『スター』課題本読書会レポート

2023年12月10日、東京で朝井リョウさんの『スター』を課題本とした読書会を開催しました。

今回は主催含め12名(女性5名、男性7名)で読書会を開きました。初参加の方が3名でした。お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

このレポートが初見の方もいらっしゃると思いますので、まずは「読書会について」と「彩ふ読書会の目的」についてご説明させて頂きます。

読書会って何?

読書会とは、ざっくりいうと本が好きな方が集まっておしゃべりをする会です。

「本をたくさん読んでいる人の集まりなんじゃないか……」「かなり知識が必要なんじゃないか……」と思っちゃうかもしれませんが、そんなことはありません。読書量も知識量も必要はなく、必要なのは本が好きであるということだけです。読書好きの交流会=略して読書会と考えてみたら、少しハードルが下がりますでしょうか。

読書会は、本が好きな方にはオススメな会です。

自分一人では手に取らなかったであろう本との出会いがあったり、本の話題を通じて普段接点のない方とお話することが出来ます。

彩ふ読書会の目的

簡単に言えば、関わって下さる方々の「第三の居場所作り」です。

家庭でもない。

職場でもない。

貴方にとっての、第三の場所。

居心地の良い場所。集まれば何だかほっこり出来るような場所。色々脱ぎ捨てられるような空間。そんな「居場所」を作っていきたいなあと思っています。

教養を深めたり、読書の幅を広げるといった事も目的ではありますが、何より一番は集まること。時間や空間を共有していくこと。

集まって顔と顔を合わせれば何か新しいことが生まれてくる事もあるでしょう。新たに興味を持ち始めることや、やりたい事、今までやってみたかったけどやれなかった事に挑戦したくなるかもしれません。まだまだ理想を語るだけになってしまう段階ではありますが、貴方自身のやりたい事が叶う場にもしていきたい。

「彩ふ」は「いろう」と読みます。
色んな価値観を持った方々が集まり、色が美しく交じりあう、というような意味で名付けました。読書会は本関連の集まりではありますが、それは一つのキッカケとして捉えて頂けたらなと思っています。目的としては以上です。

読書会レポート

では、読書会のレポートに戻ります。

読書会に参加する方法はいくつかあります。参加申込方法のページからご確認ください。

お申し込み頂いた方には一週間前に最終確認メッセージが届きます。内容を確認し、当日は受付時間内に会場までお越し下さい。

会場に到着したら受付をしていただきます。PassMarket以外の方は当日現金払いとなりますので、受付時にお支払いをお願いいたします。グループ分けも受付時にお伝えしています。

開始時刻になったら読書会開始です。

まずは司会の私のーさんがご挨拶させて頂きます。その後、皆さんに自己紹介をして頂きます。お名前、普段読まれている本だったり好きな作品や作家さんなど、簡単なもので構いません。

自己紹介が終わりましたら、本の感想に移ります。

今回の課題本は朝井リョウさんの『スター』でした。

皆さん会が始まるまでには読了しておられますので、ネタバレを気にする必要なくお話することが出来ます。それぞれ感じることは違いますが、どの意見が正しいとか間違っているという事はありません。同じ作品を読んでも気になる点や印象に残るところというものは違うものです。こういう視点もあるのだ、といった部分をあえて楽しんでみると、この会は楽しむ事が出来るのではないかと思います。

難しい事を言う必要はありませんし、お喋りするのは苦手だと感じる方もいらっしゃると思いますので、無理して発言する必要もありません。

まずはお一人ずつ読んで感じたことを話して頂いて、そのあとはフリートークとなります。時間になりましたら終了です。

当日の流れは以上です。

百聞は一見に如かずですので、ぜひ会場に足を運んで実際にご自身で会を体験して頂けたら幸いです。いやいや、もっと事前に調べておきたい!という方は、下のリンク先に詳しいことを書いていますので、宜しければチェックしてみてください。

課題本読書会は、普段手に取らない作品に挑戦できる機会となります。読んだことがある作品の時に参加するのももちろん大歓迎ですが、「読んでみたいと思っていたけど……」と積読状態になっている本、全くタイトルも知らなかった本にも挑戦してみていただけたら幸いです。締め切り効果がありますので、挫折していた本も意外と読めたりしますよ!

お会いできるのを楽しみにしております。

参加者からのレポート

アンケート結果

今回ご参加いただいた方には、3月16日の読書会に関するアンケートにご協力いただきました。見切り発車が常のワタクシですが、若干迷いが生じまして、これは一旦聞いてみた方が良いなと思いご協力いただきました。回答してくださった皆様、ありがとうございました!

まずは課題本のアンケート。内容は以下の通りです。

7df112ed87faa33e7e541e4e2f5007b8

5つの作品に対し、1人1作品に投票をお願いしました。複数回答されていた方の分は、無効票とさせて頂いてます。有効票21票の結果はこちらです!

3票 かか
4票 闘争領域の拡大
3票 光ってみえるもの、あれは
6票 幼年期の終わり
5票 アヘン王国潜入紀

というわけで……2024年3月16日の課題本はクラークの『幼年期の終わり』に決定しました!!

内容
地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

横断検索はこちらです(外部サイトへ移動します)
http://book.tsuhankensaku.com/hon/isbn/9784334751449

課題本にしてみたい作品としては以下の回答が集まりました。

『傲慢と善良』 辻村深月
『犬神家の一族』 横溝 正史
『サザエさん』
『陰獣』 江戸川乱歩
『こころ』 夏目漱石
『みずうみ』 川端康成
『##NAME##』 児玉雨子

次回の候補作にあがるかも?です!ご協力ありがとうございました。

お次は第1部に開催する会に関するアンケート。内容は以下の通りです。

c9ce4d257da1e2bb47e31389cddf65af

5票 推しアニメ紹介会
11票 推し映画紹介会
3票 推しドラマ紹介会
8票 ボードゲーム会
9票 漫画限定読書会
7票 ミステリー限定読書会
12票 SF限定読書会
3票 『ジョジョの奇妙な冒険』課題本読書会
4票 『進撃の巨人』課題本読書会
1票 『SLAM DUNK』課題本読書会

というわけで……2024年3月16日の第1部はSF限定読書会に決定しました!!

やってみたい企画としては以下の回答が集まりました。

・推し推し(クリエイター、作家、アイドル等)
・音楽(曲)紹介会
・それぞれ本を持ってきて本を隠して、質問をしていって当てる
・嫌いな本(仮)

沢山のアイデアありがとうございますー!!次回の候補作にあがるかも?です!

アンケート結果は以上です。

最後に

上の方にも書きましたが、主催含め12名(女性5名、男性7名)で読書会を開きました。初参加の方が3名でした。お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

初参加の方や女性が安心して参加できる空間、男性も楽しめる空間作りに今後も努めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

毎月参加して下さる方はもちろんのこと、久しぶりに参加したよ~という方々との再会も非常に嬉しいものです。本が好きな方々の第三の居場所作りが目的ですので、「また参加して良いのかな?」「久しぶりだけど大丈夫だろうか?」「前回体調不良でキャンセルしてしまったけど…」といった事はお気になさらず、「あ、この日予定空いてる!参加しよう!」くらいの気持ちで、是非お気軽にご参加ください。

初めて読書会に参加して下さる方々にも「参加してよかった!」「楽しかった」「また参加したい!」と思って頂けるよう努めてまいりますので、宜しくお願い致します。

次回の東京での読書会は1/20です。

ぜひご参加くださいませ!

▶《東京》1/20(土) 推し本披露会 開催のお知らせ

▶《東京》1/20(土) 『美しい星』課題本読書会 開催のお知らせ

▶《東京》1/20(土) 『彩宴 -iroutage- VOL.3』課題本読書会SP 開催のお知らせ

以上です。

ありがとうございました!