2/11PM読書会レポート “アルジャーノンに花束を”課題本読書会in大阪

4 min

彩ふ読書会は午前の部と午後の部に分けて二種類の読書会を開催しております。

今回ご報告する午後の部は「テキスト読書会: 同一のテキストを使う読書会」です。事前に課題本を読了しておき、当日はその本について語り合う形式です。どちらの部も「家庭でもない。職場でもない。貴方にとっての第三の居場所作り」を目的としております。

場所は英国紅茶専門店ロンドンティールーム堂島本店併設のオックスフォードクラブ。英国の雰囲気溢れる素敵な空間です。JR大阪駅から徒歩8分ほどの所にあります。

まずは自己紹介をして頂き、それから本の感想に移りました。今回は午前の部から参加して頂いた方が4名と午後の部からの参加の方が2名でした。男性1名、女性5名と私のののです。お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

皆さん会が始まるまでには読了しておられますので、ネタバレを気にする必要なくお話することが出来ます。

それぞれ感じることは違いますが、どの意見が正しいとか間違っているという事はありません。同じ作品を読んでも気になる点や心に響くシーン、印象に残るところというものは違うものです。こういう視点もあるのだ、といった部分をあえて楽しんでみると、この会は楽しむ事が出来るのではないかと思います。

 

 

 

―――ここからはネタバレ含みます―――

 

 

 

読書会の中で特に印象的だったのは「人の一生が描かれている」というご意見でした。

この作品は主人公であるチャーリー・ゴードンの経過報告という形で進んでいきます。物語の中で流れる時間は3月3日から11月21日までで、一年にも満たないのですが、その短期間でチャーリーは人生の、いわば生まれてから死ぬ間際までを体験されている、というような意味合いで、このレポートを書くにあたり改めて読み直してみますと「確かに!」と頷けるご意見でした。

子供時代に両親からの愛情を受けるのは大切であることや、子供の感受性の鋭さ、最後の二行にグッとくる、最後の二行を読むために読んでいるような、といったご意見も印象的でした。

訳者あとがきに書かれていた編集者とのやりとりについて、「自分が編集者でもそうしたいかも」といったご意見も分かるな~という思いもありつつ、「知能の高いままで終えていたらチャーリーは幸せだったのか?」といったご意見も分かるな~と思いつつ、非常に考えさせられる作品だなと感じました。あと、参加者の方が言われていたヘミングウェイの老人の海も読みたくなりました。

残り15分になった所で、皆さんに一人ずつ言い忘れていたことや読書会を通じて改めて感じたことなどをお聞きして、会はお開きとなりました。

同じ作品を読んでも意見や感じ方はそれぞれ違うことを知ることが出来るのが課題本読書会の魅力かなと思います。今回も様々な意見や感想を知ることが出来、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

 

 

さて、次回の大阪での読書会は3月18日(日)を予定しております。

課題本は、佐藤雅彦氏の「プチ哲学」です。

第一回、第二回の課題本はなかなかボリューム満点な本でしたが、このプチ哲学はイラストが半分以上入っておりまして、非常に読了しやすい本であります。イラストのあとに解説が書かれている形式で、「不変」や「価値のはかり方」「見えないものを見る」など30個以上のテーマで書かれてます。「考えることを考える」「考えることって楽しい」と感じられる本です。

ご参加、お待ちしております。

プチ哲学
佐藤 雅彦
中公文庫

■内容(「BOOK」データベースより)
ちょっとだけ深く考えてみる、それがプチ哲学。「不変」「想像力」「価値のはかり方」「無垢」などのテーマをかわいいイラストで解説。『オリーブ』に連載されたものをまとめ、中川いさみとのプチ対談を巻末に収録する。
–このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

■著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐藤/雅彦
1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒業。慶応義塾大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

≪他開催レポート≫
2/11の開催レポートを書いて下さり、ありがとうございます!こちらにリンク貼らせて頂きました。

momomotokazuさん2/11PM開催レポ(アメブロの記事に飛びます)

良かったら遊びに行ってみてくださいね。
他にも書いて下さった方はご連絡頂けると嬉しいです。こちらに随時掲載させて頂きます。

 

≪2/11午前の部・開催レポート≫
午前の部の開催レポートはこちらです。

 

≪次回開催予定≫
ご予約・お問い合わせは開催日程(https://iro-doku.com/schedule)よりお願い致します。

 

★2月25日PM・東京
開催日:2018年2月25日(日)
受 付:13:30~13:50
時 間:13:50~15:10
定 員:8名
形 式:推し本披露会
参加費:1,500円(当日現金払い)
持ち物:紹介したい本一冊以上、飲み物
場 所:ベネチア(新宿駅西口徒歩2分)

 

★3月18日AM・大阪(午前の部)
開催日:2018年3月18日(日)
受 付:10:10~10:30
時 間:10:30~11:50
定 員:12名
形 式:推し本披露会(オススメ本を持ち寄って紹介)
持ち物:紹介したい本一冊以上、飲み物
参加費:1,500円(当日現金払い)
場 所:オックスフォードクラブ

 

★3月18日PM・大阪(午後の部)
開 催 日:2018年3月18日(日)
受  付:13:00~13:20
時  間:13:20~14:40
定  員:8名
形  式:課題本
参加条件:課題本の読了
課 題 本:プチ哲学/佐藤雅彦
持 ち 物:課題本、飲み物
参 加 費:1,500円(当日現金払い)
場  所:オックスフォードクラブ

※お飲み物は各自持参でお願いします。

※予約フォームを送信後に自動返信メールが届きます。その後、2~3日以内に予約完了メールを送らせて頂いております。数日経っても返信がない場合はブログにコメントやTwitter等の方法で連絡をお願い致します。お手数おかけします。(自動返信メールは来ない場合もあります)

 

★午前・午後どちらもお申し込み頂いた方へ(大阪のみ)
お昼も部屋は使用出来ます。午前の部が終わった後にランチしながら交流しましょう。弁当をご用意下さい。コンビニ弁当やパン等でも問題ありません。(アルコールは不可となっております)強制ではありませんので、外食しに行って頂いても構いません。午後の部の受付時間内にはお戻り下さい。よろしくお願い致します。

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
本が好きな人のための読書コミュニティ「彩ふ読書会」に参加しませんか?
本が好きならどなたでも参加出来ます。
開催日程を見る