読書会運営のお手伝いをして下さる「サポーター」を募集しております。

彩ふ読書会ではサポーターの方々に進行役や総合司会、当日の設営準備などのサポートをして頂いております。いつも読書会を支えて下さっており、読書会を今後も続けていくためには欠かせない存在です。

2019年5月より、各会場のサポーター定員を10名とさせて頂きます。それに伴い、各会場にてサポーターさんを新たに募集開始しました。「しゃーないな、手伝ったろか!」という方は是非ご連絡下さい。

以下にサポーター活動の詳細を掲載しておりますのでご確認ご検討よろしくお願い致します。

 

 

◆募集人数(2019年6月24日最新)

大阪会場・第三期サポーター・・・定員になりましたので募集終了しました。

京都会場・第二期サポーター・・・4名募集中です。期間は2020年3月迄です。

東京会場・第二期サポーター・・・2名募集中です。期間は2020年3月迄です。

 

 

◆サポーター活動はこんな方にオススメです
・本が好き
・読書会を盛り上げたい
・読書会をもっと違う形で楽しみたい
・文系の部活や大学のサークルみたいな雰囲気を味わいたい(年齢関係なく)
・将来的には読書会を主催したいなーという野望を胸に秘めている
・何かよく分からないけど楽しそうだ!

上記のうち一つでも当てはまる方にオススメです。当読書会の参加が1回以上あればどなたでもOKです。参加歴は関係ありませんし、読書量や知識も関係ありません。面白そう!楽しそう!だと思ったら是非ご希望ください。

 

 

◆参加条件
・本が好きなこと
・彩ふ読書会に興味があること
・彩ふ読書会に1回以上参加経験があること
・主催のLINEアカウントを追加して頂ける方(打ち合わせでグループLINEを使用する為)
・期間中なるべく参加可能な方

※期間中はなるべく参加して頂きたいのですが、急な予定が入ってしまうこともあると思いますので無理のない範囲で構いません。午前の部のみ、午後の部のみの参加でも問題ありません。期間中の開催予定日は早めにお伝え致します。

 

 

◆サポーターの方にお願いしたいこと
『会場運営サポート』
お茶菓子の用意や総合司会、受付補助、テーブルの進行役、進行役フォロー、テーブル内での案内など。この中のうち可能な範囲でお願いしております。総合司会や進行は苦手・・・・・・という事でも問題ありません。

『当日までの準備・打ち合わせ』
グループLINEを使用して打ち合わせを行います。サポーターになって頂く場合は私のLINEアカウントを追加して頂く必要があります。打ち合わせでは課題本選書や新しい読書会形式の案出し、読書会後の反省、サークル活動(読書会以外の集まり)の内容相談などを行います。

※サポーターになったことで楽しめなくなってしまっては本末転倒ですので、とりあえずやってみて、思ったのと違ったからやっぱりやめておく、ということでも問題ございません。お仕事や生活に支障をきたさない無理しない範囲で構いません。通常の読書会参加とはちょっと違う楽しみ方で楽しんでみよう、といった視点で望んで頂ければ幸いです。

 

 

◆参加費
通常参加時と同様とさせて頂いてます。

 

 

◆サポーターを募集する目的
私も以前は別の所で運営のお手伝いをさせて頂いてました。
大変な部分もあるかと思いましたが実際はそんなことはなく、とても楽しい体験でした。最初は見知らぬ方ばかりでドキドキしましたが、同じ時期にサポーターをされていた方々と交流を深める事が出来たり、サポーターという立場で参加者の方々と接することで気づく点も多々あり、通常参加では味わえなかった経験をする事が出来ました。当読書会にご参加頂いた方にも同じような体験の出来る楽しい場所を作りたい、という思いもあり、サポーターさんを募集することにしました。

「自分たちで楽しい場を作っていく」ことが出来るのが、サポーター活動の最も醍醐味な部分ではないかと考えております。準備して、当日挑んで、改善して、と毎月が文化祭のような感じを体験出来る場は、大人になってからはなかなかないのではないでしょうか。

また、サポーターさん同士ならば遠方の方同士でも交流ができるのではないか、と考えております。たとえば東京のサポーターさんが関西に来られた時には私含め関西サポーターメンバーで「おもてなし☆」とかとか(見知らぬ土地でもちょっとした知り合いがいるって、何だか素敵じゃありませんか?^^)

あるいは実際にはお会いできなくても、彩ふ読書会や本という共有出来るモノがあると、ちょっとした交流も可能なのではないかなーと考えております。

サポーター活動は、彩ふ読書会を更に楽しんで頂くための一つの形です。そして、彩ふ読書会は「家庭でもない、職場でもない、第三の居場所作り」を目的としております。サポーター活動自体が貴方にとっての「第三の居場所」になるかもしれませんし、サポーター活動を通して得た経験から貴方自身が例えば読書会を開くようになり、色んな方々の「第三の居場所作り」を行うようになって頂ければ幸いです。

 

以上です。

 

サポーターを希望して下さる方は、件名に「サポーター希望」と記載してinfo@iro-doku.comまでご連絡下さい。質問も同メールアドレスにて受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。