東京、名古屋、福岡でも読書会を開催する理由

2 min

 

読書会を開催する大体一週間前~読書会当日の受付前まで、ちょっとマイナス思考に陥る時があります。

 

「自分は何をやっているんだろう?大阪以外の場所で読書会を開催する意味はあるのだろうか?大阪だけでやってたら良いんじゃない?」

 

と、そんな考えがふとよぎるのです。もっと悪循環な時は「他にも読書会さんはあるんだし、読書会を自分で主催する意味ってある?」とまでいくこともあります。

 

あれ?そういえば何で東京や名古屋や福岡で開催しようとしてるんだっけ?と、改めて考えてみますと、自分でも上手く説明出来なかったりします(笑)

 

読書会の始まりがアメブロだったり読書メーターだったからかな?と思いました。もっと遡ればゲームサークルですね。いずれにしてもSNSを介して知り合った方々との交流が始まりです。

 

「いいね」やコメントのやりとりをしたり、イベントを通して一緒に何かを経験して交流を深めていくと、最終的にはやはり「この方ってどんな人なんだろう?」と気になってくる。内面的な話をしていると、どんな過去や背景があるんだろうと興味が沸くのは自然なことなのかなーと思います。

 

で、実際に集まろう!となった時。

 

居住区がバラバラでした(笑)

 

主だったメンバーが東京にいたので、東京でオフ会を開催したのですが、当然ながら東京まで来れない方もいました。遠くの県から来て頂いた方もいましたが、実際難しかったりしますよね。

 

住んでいる場所がネックだなあと。そのネックをなくしたいなあと。それが理由といえば理由でしょうか。

 

場所が遠いから交流出来ない・・・・・・という理由だけならば、だったら行けばええじゃないかええじゃないか!という精神ですね。

 

これを一言で説明するのって非常に難しい。普段そこまで考えてませんしね!(^^;)

 

何となーく「面白いんじゃない?」的な発想で大阪を飛び出して遠征を行っております。大体動き出す時は「面白そうだから」というただ単純な発想です(笑)

 

 

 

今はまだ大阪、東京での毎月開催と名古屋、福岡での不定期開催だけですが、あえて言いましょう。

 

 

 

 

目標は47都道府県全てでの読書会・・・・・・いや、海外での読書会・・・・・・いや、

 

 

 

 

宇宙人との読書会です!!

 

 

 

ビッグマウスとはこのことですね!

 

 

 

以上!!

PAGE TOP