7/15PM読書会レポート “銀河鉄道の夜”課題本読書会in名古屋

4 min

彩ふ読書会は午前の部と午後の部に分けて二種類の読書会を開催しております。

今回ご報告する午後の部は「テキスト読書会: 同一のテキストを使う読書会」です。事前に課題本を読了しておき、当日はその本について語り合う形式です。どちらの部も「家庭でもない。職場でもない。貴方にとっての第三の居場所作り」を目的としております。

場所は伏見駅より徒歩5分の所にあるRSビル1階会議室。

今回は主催含め6名(女性2名、男性4名)で読書会を開きました。お集まり頂いた皆様、ありがとうございました。

まずは自己紹介をして頂き、それから本の感想に移りました。
皆さん会が始まるまでには読了しておられますので、ネタバレを気にする必要なくお話することが出来ます。

それぞれ感じることは違いますが、どの意見が正しいとか間違っているという事はありません。同じ作品を読んでも気になる点や印象に残るところというものは違うものです。こういう視点もあるのだ、といった部分をあえて楽しんでみると、この会は楽しむ事が出来るのではないかと思います。

 

 

さて、今回の課題本は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」でした。

 

大阪でも5月20日に課題本としてました。その時のレポートはこちらです。

 

参加者の方が変わられると、同じ課題本でもまた違った違った場面や人物に注目したお話となり、非常に面白い時間となりました。

 

今回はこんなご意見がありました!

 

・読んでたら辛くなってきた

・綺麗な描写はスルスルと入ってきたが、読み終わるのに1時間半くらいかかった

・幸せじゃない話。モヤモヤした

・天の川となっているが、三途の川じゃないのか?

・生者と死者の別れを描いている

・言葉遣いが丁寧で、一見やさしそうにかいているが、突き放している感じがある

・なかなか読み進まなかった。

・人のために生きることが幸せ⇒本当にそうなのか?

・あなたの為に⇒自己満足では?

・モヤッとしたまま終わった

・正直面白くなかった

・橋本紡さんの「半分の月がのぼる空」のヒロインが銀河鉄道の夜を好きという事で、記憶にあった

・大人になって読んでみたら別物だった。ジョバンニに入り込みながら、心痛ませながら読んだ。

・人生って何だろうな?

・小さい頃は読むのに挫折した。

・大人になって深い話だと思った。

・人のためにつくさないといけないのか?

・さみしいお話。

・大人になって読んだ方が色々と考えさせられる。

・宮沢賢治は星を眺めるのが好きだったんだろうな

・この時代、まだ星がどのようなものか分からなかったのでは?⇒この時代にも星座表はあった。マニアしか持ってなかったと思うが、宮沢賢治は入手していたのでは。

・鳥のおじさんはどう解釈したら良いのだろう?⇒とどまっている人。むくわれない人かな?

・人とのふれあい、自分の道を行きましょうとも言っているのかな?

・悲しいけど悲しいだけで終わりじゃない作品。

・ジョバンニは自分で作っていくんだろうな。

・綺麗なタイトルだけど色々含まれていると感じた。

・ジョバンニはこれからどうなるんだろう?

・どこまでも不幸なのかな?この先大丈夫かな?カムパネルラのお父さんは味方かもだけど。

・銀河鉄道に乗る前に既にカムパネルラは死んでいる、と考えるとまた違った目線で読める。

・死者の乗り物に生者が巻き込まれる話って他にあった?⇒FF6の魔列車があったね。

・エジプトの船やトトロのネコバス、ブラックジャックのラストも。

・船やバス、列車⇒定期的に目的地へ行くことを乗り物で表現しているのではないか。

・カムパネルラが死んでたと考えると、ジョバンニの概念の中では同じ日常が続いてく⇒この先どうなるか?⇒淡々と日常が過ぎていく。

・未完というのは書けなかった?書かなかった?読者に考えさせられるために削った?

・三次空間やアダムとイブの話し、狐火などが出てくる。気づく人は気づく。

・どれくらいの人を対象に書いたのだろう?

・自分に向けて書いたのでは?

・妹が亡くなってから書かれた作品。影響を受けている。

・人の死は誰もコントロール出来ない。

・本当の幸せ⇒それでも私は生き続けていく⇒不幸になっても生きていくんだよという所に救いがあるかな。

 

といった感じでそれぞれ読んで感じたこと等を話し合いました。

 

皆さんの持って来られていた本がそれぞれ違っていましたので、語注や注釈、解説などが収録されているもの、収録されていないもの、収録されているけど簡潔なものなどあって、その違いを確かめるのも楽しい時間でした♪ありがとうございました!!

 

 

さて、名古屋での次回開催は9月となりますが、またお会い出来たら嬉しいなーと思っております。また今回日程が合わず参加出来なかった方とも、お会い出来たら嬉しいです♪

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

≪他開催レポート≫

書いて下さった方はご連絡頂けると嬉しいです。こちらに随時掲載させて頂きます。

Twitterでのツイートもありがとうございます!彩ふ読書会(@lapinrire )とどこかに載せて頂けるとこちらにも通知が来ますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

≪7/15午前の部・開催レポート≫
午前の部の開催レポートはこちらです。

 

 

≪次回開催予定≫
ご予約・お問い合わせは開催日程(https://iro-doku.com/archives/category/schedule)よりお願い致します。

 

★7月29日AM・東京(午前の部)
開催日:2018年7月29日(日)
受 付:10:20~10:40
時 間:10:40~12:00
定 員:10名
形 式:推し本披露会(オススメ本を持ち寄って紹介)
持ち物:紹介したい本一冊以上、飲み物
参加費:1,500円(当日現金払い)
場  所:KOMOREBI
住  所:東京都渋谷区桜ヶ丘町29-35 ヴィラ桜が丘401号(渋谷駅から徒歩5分)
※満席のため募集終了してます。

 

★7月29日PM・東京(午後の部)
開 催 日:2018年7月29日(日)
受  付:13:30~13:50
時  間:13:50~15:10
定  員:10名
形  式:課題本
参加条件:課題本の読了
課 題 本:モモ/ミヒャエル・エンデ
持 ち 物:課題本、飲み物
参 加 費:1,500円(当日現金払い)
場  所:KOMOREBI
住  所:東京都渋谷区桜ヶ丘町29-35 ヴィラ桜が丘401号(渋谷駅から徒歩5分)
※満席のため募集終了してます。

 

★8月5日AM・大阪(午前の部)
開催日:2018年8月5日(日)
受 付:10:20~10:40
時 間:10:40~12:00
定 員:18名
形 式:推し本披露会(オススメ本を持ち寄って紹介)
持ち物:紹介したい本一冊以上、飲み物
参加費:1,500円(当日現金払い)
場 所:オックスフォードクラブ(JR大阪駅から徒歩8分)

 

★8月5日PM・大阪(午後の部)
開 催 日:2018年8月5日(日)
受  付:13:30~13:50
時  間:13:50~15:10
定  員:18名
形  式:課題本
参加条件:課題本の読了
課 題 本:しゃべれどもしゃべれども/佐藤多佳子
持 ち 物:課題本、飲み物
参 加 費:1,500円(当日現金払い)
場  所:オックスフォードクラブ(JR大阪駅から徒歩8分)

 

※お飲み物は各自持参でお願いします。

※予約フォームを送信後に自動返信メールが届きます。その後、2~3日以内に予約完了メールを送らせて頂いております。数日経っても返信がない場合はブログにコメントやTwitter等の方法で連絡をお願い致します。お手数おかけします。(自動返信メールは来ない場合もあります)

 

 

★午前・午後どちらもお申し込み頂いた方へ
お昼も部屋は使用出来ます。午前の部が終わった後にランチしながら交流しましょう。弁当をご用意下さい。コンビニ弁当やパン等でも問題ありません。(アルコールは不可となっております)
強制ではありませんので、外食しに行って頂いても構いません。午後の部の受付時間内にはお戻り下さい。よろしくお願い致します。