ウォッチャーズ/ディーン・R・クーンツ

1 min

読書会で紹介して頂いた本。

上下二巻なんですが、読み始めたら止まらなくなり一気に読み終えてしまいました!

ワンコが可愛いです。

アインシュタインと名付けられたゴールデン・レトリーバーが非常に可愛いです。

ワンコ好きなら必読!かもしれません(どっちだ)

このアインシュタインと、孤独な男・トラヴィスを中心に物語は展開していきます。アインシュタインは普通のワンコとはちょっと違う点があるのですが、そこはトラヴィスと同じ目線で物語を追っていってもらえたらと思います。嗚呼、ネタバレになるのでほとんど書けないのが悲しいところ。とにかくアインシュタインの仕草や行動が妙にリアルといいますか、イメージしやすくて読んでいてほっこりします。個人的にはチョコを取り出すところで一気に心を鷲掴みにされました♪

秘密を知らない時点でのトラヴィスはアインシュタインに対して不器用な関わり方をしますが、それでもアインシュタインは構わずぐいぐい踏み込んでいきます。このやりとりが好きでした。アインシュタインのおかげでトラヴィスは生きる意味だったり虚しさから解放されます。同じくノーラという女性も、アインシュタインとの出会いによって人生が劇的に変化していきます。二人と一匹が支え合いながらたくましく成長していく姿は何だかグッとくるものがありますね。

一方、周囲では人間がバッタバッタと殺されていきます∑(・Д・・)それも無残な殺され方であります。
殺し屋も出てきて、殺し屋は殺し屋でバッタバッタと殺人を犯していきます∑(・Д・・)

二人と一匹に徐々に迫る脅威。様々な人物の視点から描写があり、全容が明らかとなっていきます。この辺りは実際に読んで頂けたらと思うのですが、とにかくワタクシが感じたのは、弁護士と獣医師カッコイイ!!です。

心理描写も巧みで物語の展開にもワクワクなディーン・R・クーンツのウォッチャーズ。

是非読んでみてください♪

《文:nonono》

 

《読書会に参加してみませんか?》
本が好きな人のための読書コミュニティ「彩ふ読書会」に参加しませんか?
本が好きな方ならどなたでも参加出来ます。

大阪の開催日程を見る

東京の開催日程を見る

PAGE TOP