はじめに

irodoku127irodoku127

自己紹介と当読書会について。はじめにこちらをお読み下さい。

詳しくはこちら

開催日程

irodoku126irodoku126

今後開催される読書会の日程です。参加申込はこちらから

詳しくはこちら

開催レポート

DSC_1075DSC_1075

読書会の様子はこちら

詳しくはこちら

Book Review

irodoku100irodoku100

本の紹介をしています

詳しくはこちら

Idea Box

irodoku160irodoku160

BookReview以外の記事(日記、コラム、コミュニティやWEBイベント等)を掲載してます

詳しくはこちら

coming soon

irodoku080irodoku080

coming soon

詳しくはこちら

新情報

<2018.5.20>
サポーター募集のお知らせ
・5/20大阪で読書会を開催しました。
<2018.5.18>
【大阪開催】読書会、今週日曜日に開催です!
<2018.5.7>
【東京開催】6/17(日)AM “推し本披露会in東京” 開催のお知らせ
【東京開催】6/17(日)PM “星の王子さま”課題本読書会in東京 開催のお知らせ
【大阪開催】6/10(日)AM “推し本披露会in大阪” 開催のお知らせ
【大阪開催】6/10(日)PM “ゲゲゲの女房”課題本読書会in大阪 開催のお知らせ
コンテンツ「彩読online」の名称を「Idea Box」に変更しました。
<2018.5.3>
メール受信設定の確認をお願い致します
<2018.4.30>
【満席・大阪開催】5月20日読書会のご予約状況※5/9更新
<2018.4.22>
6/17東京,7/15名古屋,8/26福岡,読書会開催のお知らせ
<2018.4.19>
5/20(日)AM “推し本披露会in大阪” 開催のお知らせ
5/20(日)PM “銀河鉄道の夜”課題本読書会in大阪 開催のお知らせ
<2018.4.18>
4/15AM読書会レポート “推し本披露会in大阪”
4/15PM読書会レポート “星の王子さま”課題本読書会in大阪
<2018.4.15>
・4/15大阪で読書会を開催しました。

 

読書会について

当読書会は本が好きな人のための読書コミュニティです。

参加条件は「本が好きである」ことだけです。

本が好きであるという共通点をもとにお話したり、交流出来る場になれば良いなと思っております。

読書の幅を広げたい方、周りに本について語れる仲間がいない方、最近面白い本に出会えていない方、敷居が高そうで読書会にまだ参加出来ていない方、普段本を読まないけど読みたいなと思っている方等にご参加頂けたら幸いです。年齢性別は問いません。むしろ色んな方が集まった方が様々な視点からの意見が集まり、より充実した会になると考えています。

自分一人では手に取らなかったであろう本との出会いがあったり、自分とは違った視点を持つ方々の意見を取り入れる事が出来るのが読書会の魅力です。きっと、今までの自分を変えるきっかけになります。

初めての方にも「参加して良かった」「勇気を出して一歩踏み出せて良かった」と感じて頂けるよう努めてまいります。2017年11月から関西・大阪で月一回、定期開催しております。2018年2月には東京でも開催。6月には2回目となる東京開催、7月には名古屋、8月には福岡でも今後開催予定です。

ご参加お待ちしております。

 

催形式と注意事項

<形式:推し本披露会>
皆にオススメしたい本や自分が好きな本=推し本を披露する会です。文学、小説、ラノベ、マンガ、エッセイ、絵本、児童書、ビジネス書などジャンルは問いません。

紹介の仕方は自由です。作品のあらすじを話してみたり、この登場人物や台詞が好き!というポイントを話してみたり、こういう時の心情とぴったりだったと話してみたり、ご自身のやりやすい方法で紹介して頂ければと思います。

推し本披露会は、参加される方々がオススメしたい本を持ち寄って紹介しあうことで、それぞれの「これまで」を共有する機会となります。小説が好き、ラノベが好き、漫画が好き、文学が好き、アートが好き、ビジネス書や実用書が好き、絵本や児童書が好き、といった「好き」なことや、培ってきた人生観、価値観を本を通じてお互いに知ることが、関係性を深めていくことに繋がるのではないかなと考えております。

 

<形式:課題本>
事前に読了しておいた課題本について語り合う形式の読書会です。
課題本を読書してる最中に感じたこと、読後に感じたこと等を自由に発言しあいます。参加条件は「課題本の読了」のみです。

推し本披露会が「これまで」を共有する機会とするならば、課題本読書会は「これから」を共有する機会となります。同じ本を読了したという体験こそが、まずは大きな意味を持ちます。「これはさすがに読了は厳しいだろう・・・・・・」といった本が選書されるかもしれません。何とか読了したけど、当日特に意見が出ずに沈黙してしまったり話が脱線してしまう可能性もあります。ですが、本を読んでいる間や読書会中の瞬間瞬間を共有していくことが大切だと考えております。

最初のうちは会う人全員が初対面ですので緊張するかと思いますが、「これまで」と「これから」を共有していく事で、徐々に顔見知りも増え、貴方にとって居心地の良い場所になっていくのではないでしょうか。

合う合わないはあるかもしれませんが、どちらが良い悪いはなくどちらも良い形式ですので、本好きな方にオススメしたい形式です。

※どちらの形式の読書会かは開催日程の「形式」にてご確認下さい。
※宗教やネットワークビジネスの勧誘など、他の参加者が不快になるような言動はご遠慮下さい。

 

10代、20代、30代、40代・・・と年を重ねるにつれて孤独さを感じませんか?

学生から社会人へ、あるいは転勤、転職、引っ越し、結婚などなど、私たちの身の回りの環境は常に変化していきます。同じ価値観だったはずの友人とも、大人になるにつれてズレが生じてきます。それなのに友人との関係が切れてしまうことを恐れて無理して息を合わせていたら、自分自身が辛くしんどい気持ちになるだけです。あるいはこちらが昔と全く変わっていなかったとしても、相手が変わっていればやはり息が合いません。一緒にいても何だか面白くないとなると、次第に疎遠になっていきます。

環境も人も変わるものです。

固執してしまうと、やがて一人ぼっちになるかもしれません。今いる職場や学校、家族だけが全てだと思い込んでしまったら、どんどんしんどくなるかもしれません。ですが、今とは違う場所に目を向けてみたら、今の貴方と一緒に歩み進んでいってくれるような人たちがきっといます。そこに行けばほっと出来るような居場所がきっとあります。そんな人も場所もあるはずがないと思うかもしれませんし、今はまだないかもしれません。でも、そんな場所があれば素敵だと思いませんか?

家庭でも職場でも学校でもない場所。貴方にとって居心地の良い場所。

当読書会は、そんな居場所作りを目指しています。

参加条件は「本が好きである」ことだけです。

読書量を競う場ではありませんので沢山読んでいる必要はありません。馬鹿にする人もいません。

本が好きであるという共通点をもとにお話したり、交流出来る場になれば良いなと思っております。

 

Profile

《yuki》
彩ふ読書会主催。
普段はシナリオライターの仕事をしています。

《nonono》
読書会サポーター。
普段はサラリーマン。
普段じゃなくてもサラリーマン。
ふざけた文章の時は大体この人が書いている。

《サポーター随時募集中》
彩ふ読書会を一緒に作っていきませんか?
当日の運営準備、今後の会場探しなどの他、関西は距離的に遠いけど・・・という方にも、ブックレビューなど出来る範囲で関わって頂けたら嬉しいです。ご興味のある方は是非お問い合わせページよりご連絡下さい。

彩ふ読書会主催 yuki